MENU

ボーイフレンド降臨!第2話のネタバレと感想!アサヒの正体と秘密は?

キンプリの髙橋海人さん主演の「ボーイフレンド降臨!」

アサヒとかしことわたる・・だけでなく、要とも・・?!と思わせるツイートですね↑

本記事では、第二話のネタバレと感想、アサヒに関する秘密や正体をまとめます。

目次

第二話のネタバレあらすじ

かしこは、アサヒが漆原澄人だと知ったら、コンペに参加できないと考え、アサヒにその事実を伝えないことにしました。

当然、渉は、どうして伝えないのかと言ってきます。

かしこはアサヒは漆原澄人じゃないかも、と言うと、渉はアサヒの身元を探そうと張り切ります。

チラシ配りを始めます(かしこは配ったフリをしています)

次に、かしことアサヒが出会った看板の場所に行きました。

すると、そこに津久井エマが通りかかり、「あんたは最低の男」だと言い、思い切り足を踏みつけていきました。

公園で、渉といると、アサヒはエマに言われたことを気にします。自分がひどい男だったのかも、と落ち込みます。

その時、アサヒの頭に鳥が乗ります。警戒心のある鳥が寄ってくるのは、優しい人だから。だから、大丈夫と渉はアサヒを励ましました。

渉の家に行き夕飯を食べていると、口元にご飯粒をつけたアサヒ。そのご飯粒を渉が取ろうとした時に要が帰って来てしまいます。

要は、接近するふたりを見て一瞬かたまるも、アサヒのご飯粒を取ってあげました。

そして、要はアサヒに舞台に立ってほしいと頼みますが、アサヒは返事を保留します。

その時、渉に電話がきます。テレビ局からアサヒに出演のオファーです。

アサヒは身元探しのため、テレビに生出演することになります。

渉とふたりでテレビ局に行き、出演をまっている間、渉は5年前の舞台の台詞をスラスラと言葉にします。めったに舞台に出ないから、いつまでも覚えているのだと。

アサヒは覚えていることを羨ましがりますが、渉は忘れちゃうくらい舞台に立ちたいと言います。

生放送スタート5分前、心配でこっそりと来て隠れていたかしこですが、アサヒに見つかってしまいます。

アサヒは、テレビに出て自分がどんな人間なのか知りたい、と真剣な表情で伝えます。

かしこは、アサヒの気持ちを知り、アサヒに「絵が得意って言ってみて」とアドバイスします。

生放送が始まると、アサヒの頭にまた鳥が飛んできました。

その鳥は、なんと行方不明になっていた鳥のタカシで、注目はタカシに持って行かれてしまいます。

かしこは渉に嘘をついたと告げ、撮影が終わってから、アサヒは渉に「舞台に出ない」と言いました。

アサヒは、舞台の経験のない自分が軽々しく出るのは違う、と言います。

そして、渉の台詞を覚えている人はきっといる、と伝えます。

その言葉に渉はアサヒを見つめます。

それは、高校時代に男性に恋した時と同じ視線でした。

アサヒの秘密や正体は?

現代美術家の漆原澄人がアサヒの正体です。

そして、1話の冒頭でも周囲への態度は酷いものでした・・

天真爛漫なアサヒに対して、漆原澄人は冷たい嫌な人間というイメージですよね。

しかし、記憶を失ったからってこんなに天真爛漫になれるものなのでしょうかね・・?

本来は純粋な性格だったけれども、何かあって漆原澄人は冷たい嫌な人間になってしまったの?なんて想像しちゃいます。

今後も展開を見守りたいと思います。

感想

2話目では、アサヒと渉が中心でしたね。

渉はアサヒのことを好きになったようだけど・・・要もいるし、どうなるんでしょうね?!

https://twitter.com/cococo_a_/status/1583993447928975360

2話目で渉とアサヒの接近で盛り上がってきましたね!
どちらとくっつくの?なんて声もけっこうありました~!

まとめ

こちらも記事にしています
ボーイフレンド降臨!1話~最終回まで全話ネタバレあらすじ!原作(脚本)は韓国漫画?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる