MENU

親愛なる僕へ殺意をこめて(ドラマ)のキャストまとめ!漫画 (原作)とのナミの違いは?

2022年10月スタートの秋ドラマ、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんが主演の

「親愛なる僕へ殺意をこめて」

二重人格が核となるミステリードラマ。

☆☆全話ネタバレあらすじは放送後に追記していきます☆☆

目次

初回放送日

2022年10月5日(水)22時~

あらすじ

連続殺人犯を父に持つ大学生の浦島エイジ(山田涼介)がある日、自らが二重人格であることを悟る。“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようとする。そして、驚がくの事実が次々と明らかになるどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。

エイジは二重人格者でB一というもう一人の人格がいることに気づきます。

もう一人の人格が殺人者かも・・という難しい役どころは山田涼介さんならうまく演じそうです!

漫画は完結済です。

ドラマは漫画と同じ結末を辿るのかも気になります。

キャスト

山田涼介(浦島エイジ役)

連続殺人犯を父に持つ大学生。二重人格であることに気づく。

川栄李奈(ナミ役)

半グレ集団・スカルが運営するデートクラブ「アリス」で働いている。

門脇麦(雪村京花役)

エイジと同じ明京大学に通う女子大生。エイジの恋人

遠藤憲一(浦島亀ー役)

エイジの義理の父親

漫画 (原作)とのナミの違いは?

川栄李奈さん演じるナミは、ドラマ版のほぼオリジナルキャラクターということで、

原作のナミと真明寺麗を掛け合わせたキャラ

原作のナミはほんとに脇役です。

しかし、真明寺麗は、同じ大学に通う女子大生で、エイジと一緒に畑中葉子を殺害した犯人を探す役どころ

賢く、したたかで、エイジが二重人格であることにもいち早く気づいていました。

ドラマ版のナミは、真明寺麗事件を一緒に調べる要素を踏まえた相棒役のヒロインとなるのかな、と思います。

1話目の放送でナミは登場しましたが、
スカルのデートクラブで働く、ヨウコの親友で、ヨウコの死の真相を探っているようでした。
エイジとの関係性が深まっていくのは、2話目以降かな~という感じです。

まとめ

原作漫画のドラマですが、ヒロインの設定など原作と異なる点もあります。

ストーリーが原作通りに進むのかも踏まえて、ドラマ版はドラマとして

毎週、ドキドキしながら、視聴したいと思います!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる