MENU

関門海峡花火大会(2022年)の屋台の場所と時間は?穴場スポットや無料駐車場も調査

今年は、関門海峡を挟む山口県下関市と北九州市の両岸で関門海峡花火大会(かいもんかいきょうはなびたいかい)が開催されます。

2020、21年はコロナウイルスの感染拡大で中止でしたので、3年ぶりの開催です。

海峡の両岸から計1万5千発打ち上げられます。

楽しみに待っていた方も多いはず!

コロナ禍での開催のため、コロナ前と同様というようにはいかない部分もあるかもしれません。

それでも、感染に注意しつつ花火を見たい!という方は多いと思います。

この記事では、2022年の関門海峡花火大会についてサクッとまとめました。

目次

日程・会場

令和4年8月13日土曜日
午後7時50分~午後8時20分

※下関側で行われる開会式は19時40分からです。

屋台の時間と場所

門司港側

公式HPに「本年は出店・お手洗いなどは、1,000円協賛の協力エリア内の設置となります」とあります。

門司港側では屋台は出るようですが、有料チケットで入れるエリアのみに出るようです。

有料会場は門司港レトロ会場から開門海峡ミュージアムのエリアです。

出店の時間は明記されていませんが、例年であれば、昼頃から出店しているので、

今年も明るい時間から花火の終わりまでやっていると思います!

屋台もたくさん並んで人気スポットですが、
感染拡大防止のために出店が当日までどうなるかはなんともいえないところです。
公式HPを確認してからお出かけくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる