MENU

silentの最終回(第11話)ネタバレあらすじ!結末はハッピーエンドそれとも別れ?

話題沸騰のドラマsilent(サイレント)がとうとう最終回を迎えます・・!

最終回直前の第10話では想が苦しい胸の内を伝えました→第10話のネタバレこちら

silent(ドラマ)紬(川口春奈)と想(目黒蓮)の結末は結婚するのか別れるのか考察と予想!

目次

最終話(第11話)のネタバレあらすじ

・高校時代。紬と想は日直。2人きりの教室で黒板を消しています。紬が黒板の日直欄に名前を書くと、「紬ってめずらしいね」「佐倉くんもめずらしいよ。妄想の想?」と言って笑い合います。想は紬の耳元で何か話します…

・現在。紬も想も涙しながら話します。紬が、話そうとしても想はみてくれません。紬は、メモを持ってきて、『声出さない、笑わない、電話しない、音楽聞かない、辛くなるなら全部やめる。それでも一緒にいたい』と伝えますが、想は何も言わずに出ていってしまいます。

・紬の家には光の計らいで湊斗がやってきます。紬は「大丈夫」と言いますが、湊斗は「一つだけ、想のダメだなって思うこと。想の見てる青羽は高校生の紬ちゃんで止まってるんだよね。逆に青羽は今の想を見てる。お互い見てるのに8年ずれてる」と伝えます。

・想と奈々が本を返すために会います。想は奈々に「手話の先生…」と言い言葉を止めると、「どうにもなってない。妬いてるの?」と笑いつつ「私と彼がうまくいかなかったのは、聴者とろう者だからじゃないよ。昔の誰かじゃなくて今を見た方がいい。私たちは見ようとしないと気づけないんだよ」と想の心情を察して奈々の考えを伝えます。

・紬と想は連絡を取り合い、もう一度会うことにします。当日、実家で母に髪を整えてもらいながら話しをします。母は「別れる時、全部相手に渡すのよ。思い出とか残ると厄介だから、全部投げてきな」とアドバイスします。紬は「できるかなぁ…」と自信なさげにすると、「できないなら、わかれない方がいい」と言います。紬は「(お父さん)死んじゃう前に、全部投げたの?」と訊ねると。「取ってある。美化されてるから思い出すの楽しい」と笑います。

・紬と想は高校で会うことに。紬は教室の椅子に座り待っていると、想が来ます。そして、黒板での筆談が始まります。

紬『なんで教室?』

想『なんとなく。こないと思った』

紬『来るよ。一緒にいるの辛いなら会うのやめる。再会できてよかった。また話せてよかった。また好きになれてよかった。元気でね』

…と紬は教室を出ようとすると、想はそれを止めるかのように黒板に言葉を書きます。

想『人の声聞こえないこと当たり前になってけど、青羽の声が聞こえないことだけ受け入れられなかった』

紬『声出さないよ。笑わない。電話しない。音楽聞かない』

…と書き出した紬の字を消していく想。

想『一緒にいるとつらいことがある。この先一緒にいるとつらいことが増える。そのたび、青羽に当たるかも、青羽の周りも巻き込むかも。一緒にいていいか迷う。』

紬『言いたいこと全部言えた?』

想『それでも今は一緒にいたい』

紬『私も。いつもゆっくり私のわかるように手話してくれるの嬉しかった。でも本当にちゃんと言いたいこと言えてるのかなって。全部言えるまで待つし、手話もっと頑張る。受け入れるのようにするから伝えるのをあきらめないで。分かり合えないこともある。ーたくさん話そうよ。言葉にできない時は、黙って泣いてもいいよ。私も黙って背中をさする』

・2人は体育館へ行きます。高二の時に想が読んだ作文を手話で読みます。あの時、まだ想は紬のことを知らなかったけど、みんな興味なく聞いている中で、1人だけの視線を感じたと言います。三年になり、クラスが同じになり、視線を感じて、作文欲しいと言われ、紬だったとわかったと言います。

・2人は帰り道、手を繋いで帰ります。想は持って帰りたいものがあると実家へ寄ります。紬が外で待っていると、母の律子が出てきます。「ごめんね。こんなところで待たせちゃって。手話覚えたんだって?あの子ってこっちは頑張って知ってる単語並べてるのに、なんか笑って誤魔化すことない?」と言い、紬と共感し合い笑います。律子は「何かを楽しむよりも、傷つかないを優先して欲しかった。でもやっぱり楽しそうな方がホッとする。紬ちゃんは楽しい?」と聞かれ、紬と楽しいと答えます。律子は「よかった。話したって言うと嫌がるから、あの子に内緒ね」と言います。

・帰りのホームで、想はiPodを出します。紬にイヤホンをつけ、「壊れてないか確認して」と言い、曲を流します。紬は流れてくるスピッツの曲を聴きながら「大丈夫」と答えます。

・萌と光が待ち合わせをしていました。光は萌から手話の本を借ります。紬や想のために覚えたいようです。

・奈々は新しくできた花屋さんにより花束を買います。そして、偶然出会った湊斗にかすみ草を一輪オスソワケします。湊斗はそのかすみ草を紬に渡します。一方で、奈々は想にもかすみ草をオスソワケします。奈々は花束を「通訳士合格おめでとう」と渡します。春尾は今?と笑います。奈々は「お返しが欲しい。クリスマスだから」と言うと、春尾は「何がいいの?」と優しく聞きます。奈々は「ハンドバッグが欲しいの」とおねだりします。

・紬が待ち合わせ場所に行くと、想が先に座って待っています。「佐倉くん」と呼びかけると気付く様子はありませんでしたが、「想くん」と呼ぶと顔をあげて、紬に気付きます。

・2人は互いにかすみ草を持っていることにびっくりします。イルミネーションを見にきているけれど、手話や話に夢中で、イルミネーションはあんまり見てない…それでもいいよね、と笑い合う2人。想は「青羽の声思い出せないし、聞こえない。でも青羽の言葉が見えるようになった」と言います。そして、紬の耳元で、内緒話のように話をして笑い合います。それは(冒頭の)高校時代のようです。

結末はハッピーエンド?別れ?

結末はハッピーエンドでした!!

想は、どうするのかな?紬を好きな気持ちがあるのに…つらいっていうのはどう言う結論を出すのかななんて思いましたが、迷いや葛藤を素直に打ち明けてくれてよかったです。

結末として、結婚とかそこまで話はいきませんでしたね。

お互いの気持ちを認め合って、恋人同士になった!と言う感じでしょうか。(作中に、付き合ってくださいなどなどストレートな告白はないですが)

だんだん奈々に感情移入していた筆者としては、奈々も幸せになりそうで嬉しかったです!

まとめ

silentについてはこちらも記事にしています
Silent(ドラマ)1話〜最終回まで全話のネタバレあらすじ!原作(脚本)は漫画かも調査

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる