MENU

舞いあがれ!第61話62話(第13週目)のネタバレ!浩太の会社はどうなる?

NHK朝ドラマ「舞いあがれ」ももう13週目!!「向かい風の中で」

今週は、お父ちゃんの週かな?悠人もからんできそう!

目次

第61話ネタバレあらすじ

・浩太が倒れたという知らせを聞き、舞は五島から大阪へ帰ります。

・浩太は胃潰瘍で入院しましたが、思ったよりも元気そうで舞は「よかった」と安心します。五島の祥子にも報告し、安心します。朝陽は貴司と仲良く過ごしているようです。

・舞とめぐみは、浩太の疲れがたまっていることを心配します。めぐみは工場の仕事が減ってしまい、売上がとても厳しく、従業員の給料も家の貯金から出している・・という現状を舞に説明します。めぐみは舞に心配かけたくなかった、と言います。舞は現状を心配します。

・翌日、舞とめぐみが浩太のお見舞いに行きます。仕事をする浩太のベッドの横で、りんごをすりながら心配する舞。「舞かて厳しい訓練をしてパイロットになれたんやろ」という言葉に、舞は「大変やけど楽しかった」と訓練の思い出を振り返ります。そんな舞の表情に嬉しそうな浩太。

・そこへ悠人が病院へお見舞いへやってきます。しかし、悠人はすぐに帰ってしまいます。浩太と悠人はまだわかりあえなそうです。

・舞は悠人を呼び出して、二人で話します。そこで、浩太の会社が借金で大変だということを打ち明けます。それで浩太はなんとかせな、と頑張り倒れてしまった、父の会社を立て直すのを手伝ってくれ、と舞は頼みますが・・悠人は別の電話に出て、話は終わってしまいます。

・浩太は退院できることになります。

感想

今後は、お父ちゃんと悠人に焦点が当たりそうですね。
かなり無理をしている浩太の会社・・悠人のアドバイスでいい方向へ変わっていく、というのが理想なのかな~

第62話のネタバレあらすじ

・浩太は無事退院することができ、仕事に復帰します。しかし、経理担当者から経費削減のための人員整理を頼まれます。浩太はリストラはしたくありませんでしたが、商品梱包担当のパートスタッフの西口、日高、入江の3人をリストラ対象とすることをきめます。この3人の穴を自分がうめるというめぐみに、舞もやらせてほしいと頼みます。めぐみは舞にはパイロットの勉強をして欲しいし、簡単な仕事ではないと反対しますが、できるようになるまで頑張るから、と頼みます。

・1週間後。舞は商品梱包を手伝うため工場へ行きます。舞は西口たちから商品梱包を教わります。流れをみせてもらいやってみるが、傷のついたネジをはじくことができずに梱包してしまいます。西口は、傷を見逃せへんことがIWAKURAの品質を守ってる、と舞に伝えます。日高、入江も「素人でもできると思われてるから真っ先に切られる」「どないな思いで働いてきたか知らんと」と不満を口にします。

・浩太は銀行の職員と話します。現状は、3名のリストラ程度で済む話ではないと言われてしまいます。売り上げが伸びないとリストラに加え、機械を売るなどもしないと返済の猶予ができない、とも言われます。

・浩太は笠巻と飲みます。そして笠巻から、小さい工場も悪くなかったと、機械を売って縮小することに賛同します。

・パート3人が工場を去る日、浩太とめぐみが3人に深々と頭を下げます。舞も一緒に頭を下げると、西口が「お嬢ちゃん。商品梱包の仕事は最後の砦。私らが不良品1個、ほこり1個でも見逃したら、そのまんまお客さんとこへ届いてしまう。ここのネジはええネジなんや…。職人さんらが心込めて作っててな。そのネジをたった1個の不良品のせいで台無しにはでけへん。そう思って働いてきたんや」と伝え、「社長! 頼むで! この工場、潰さんといてな」と言います。浩太は、必ず立て直すことを約束します。

・3人は工場を出ていきます。3人の背中に向かって、浩太、めぐみ、舞は再び、頭を下げます。舞やめぐみが頭を上げても、浩太はまだ深くおじぎをしています。その姿に舞は悔しさを感じます。 

 

まとめ

舞い上がれ!の放送はいつからでいつまで(最終回)?時代設定やロケ地をまとめ

全話のネタバレあらすじはコチラ!!
舞い上がれ!の全話のネタバレあらすじを最終回までまとめ!キャストや主題歌も紹介

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる