MENU

【赤いナースコール】6話のネタバレあらすじは?考察と感想もまとめ

怖い!怖すぎる!と話題のドラマ「赤いナースコール」

今までも怖い!ホラーと言われていたのに、

第6話目では前話以上に怖い内容のため、冒頭に注意テロップが入るとか・・。

ドラマも中盤ですが、最終回にむけて、ますます盛り上がりそうですね。

目次

放送日程

第6話 2022年8月15日(月曜日) 午後11時6分~

6話のあらすじ

“三上のおばあちゃん”こと三上多恵(藤夏子)は「私は事情を知りすぎている」と怯えながらアリサに病院から逃げることを促す。しかし、病院長の榎木田誠(鹿賀丈史)が現れるなり狂気じみたふるまいを始め、アリサは老婆が認知症を演じているのだと理解する。
ある朝、看護師の野田千鶴子(上地春奈)から「顔に包帯を巻いているならいい」と謎の許しを得たアリサが、翔太朗に会いに行く。その様子を野田だけでなく、行き交う人々全員に監視されていた。そんな中、2人の前に再び三上が現れ、鬼の形相で何かを告げようとする。その瞬間、信じがたい出来事が起きる。

公式HPより

このドラマはみんなが怪しいんですが、

6話では病院側の関係が描かれるようです。

病院長の裏の顔。

不自然すぎるナースたち(年齢もろもろ)

病院には一体何が隠されているのか!

6話目であきらかにならずとも、ヒントになるようなことはたくさん出てくるのではないかと思っています。

今までの伏線回収もあるかもですね。

院長と石原の関係のほんとのところ、など。

6話のネタバレ考察(予想)

1人目
滝中良一が下半身のない状態で発見。上半身は鍋で煮られていた。

2人目 
下塚半太が首のない状態で発見される。首はゴミ捨て場に。

3人目
 購買部のエグチさん。左足のない状態で発見。

4人目
松井時雄。自宅で片腕のない状態で物干し竿に吊るされていた。腕は洗濯機。

5人目
山ノ内優真。ベッドの上で感電死。

毎話にように、誰かが殺されているドラマです。

6話目でも誰かが殺されるはず・・

6話目では、痴呆症を演じている三上多恵が殺されるのではないか、と予想しています。

三上のおばあちゃんは痴呆症のフリして、色々情報を持っています。

そして、アリサを助けようとしている点からそろそろ殺されそうな・・フラグが立っている気がしますね。

また、殺され方も切断される部位も皆違うので・・

次の被害者がどういった形で殺害されるのか、そこも気になりますね。

もう今までの被害者で部位はバラバラにされつくしたので、潰されるとか・・?

冒頭にテロップも入るほどなので、相当なホラー展開になることは間違えなさそうですね。

6話のあらすじ/ネタバレあり(確定)

三上のおばあちゃんと話しをしているところへ、病院長とスタッフがやってきます。

三上のおばあちゃんは認知症のふりをして、その場を逃れます。

翌日、翔太郎とアリスは病院スタッフに監視されているのを感じながら散歩していると、

三上のおばあちゃんが「この病院は・・」と言いながら走ってくる

途中で、高速バックしてきたトラックに跳ねられます。

このトラックは翔太郎たちと事故を起こしたトラックと同じもの。

後に運転手は元患者ということがわかりました。

三上のおばあちゃんは石原がオペするもなくなりました。

そして、この三上のおばあちゃんは病院長の実の息子であることが判明。

(病院長は婿養子)

病院内では様々な人間関係が動きます。

ナースの野田とも密会しつつも、西垣とも密会している石原。

そんなナースたちの事情にもかなり詳しそうな山根

石原は病院長に何か情報を渡し(マスコミが喜ぶネタ)、お金を要求していました。

そして、翔太郎たち313号室の患者たちが

「それぞれ違う病気なのに、なぜ同じ病室に集められているのか」

「薬が増えているのか」を話している一方で・・・、

加藤刑事は深夜の病院へナース姿で潜入。

アリサの部屋を訪れ、部屋を出ると後ろから何者かに襲われ、

きづくと、狭い箱に閉じ込められてしまいます。この箱は棺桶でした。

意識のあるまま、火がつけられ・・加藤刑事が叫びながら燃えていくショッキングな結末でした。

6話ネタバレ考察

6話を1度、見終えた時点で気になった点です。(もう1回見直したら書き直すかもしれません)

三上のおばあちゃんと病院長とアリサの関係は?

病院長の実の母親でした。

気になるのは三上のおばあちゃんがアリスをやたら気にかけていました。

なんらかの血縁関係があり、アリサと病院長にも繋がりがあるのでしょうか?

アリサが寝て起きると、部屋に病院長がいて・・というパターンが何度かあるので、

病院長的には何かしらの感情があるのでは?と思ってしまいます。

山根はどこまで知っているの?犯人の可能性あり?

1話目から存在感抜群のナース山根。

怪しい表情も時折見られますが(このドラマの登場人物達はみんな何かある雰囲気だしてますけどね。笑)、

下塚半太の遺体を発見した時の驚きようは犯人ではない・・?ような気もしますが(これでは断定できませんね。)

313号室の患者達へ薬を渡しているのは山根です。

この薬は、患者達も怪しんでいましたよね。量が多いと。

犯人ではなくても、だれかの指示や取引から犯行に加担しているのかも、と思いました。

また、山根は情報に敏感です。

西垣と石原の関係にもすぐ気づいていました。

情報通なのか、山根も石原と通じてるのか・・・

感想まとめ

やはり、6話目は怖い!という声多いですね。

まとめ

7話や犯人についても書いていきます。

来週の放送も楽しみですね!

赤いナースコールについてはこちらも記事にしています
【赤いナースコール】7話のネタバレあらすじは?加藤桜死亡の理由は何かの考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】黒幕(犯人)の正体は誰かと動機を予想!最終回まで考察とまとめ
【赤いナースコール】犯人(黒幕)の正体はアリサ?!なぜあやしいかの理由と伏線をまとめ考察

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる