MENU

【赤いナースコール】7話のネタバレあらすじは?加藤桜死亡の理由は何かの考察と感想もまとめ

考察ドラマで話題の「赤いナースコール」(赤ナス)。

どんどん殺人事件が起きて、話も人間関係も複雑に・・・

犯人は誰?動機は?話が進めば進むほど気になるドラマです!

第6話の終盤がショッキングな展開で、7話以降の話がどうなっていくのか大注目です。

おそらくあと4話ほどで完結しますが、どんなふうに結末をむかえるのでしょうか。

【赤いナースコール】黒幕(犯人)の正体は誰かと動機を予想!最終回まで考察とまとめ

第7話のあらすじやネタバレ考察をまとめました。

目次

第6話の放送日程・放送時間

令和4年8月22日(月) 23時6分~

第7話あらすじ

夜中に潜入操作していた女性刑事の加藤桜が棺桶に閉じ込められて、焼き殺されてしまう。
しかも、犯人らしき人物から通報があり、受話器からは殺害時の音声が。助けを求める加藤とともに、
チャイコフスキーの音楽が流れる。
相棒を失った工藤は怒りに震える。翔太郎たち病室の患者も事件を知り、その状況から犯人が病院内にいることを確信。

6話目の終盤で加藤桜が犯人に囚われてしまいました。

工藤に告白っぽいいことをして、死亡フラグが立っていましたが、残忍な殺され方に驚いた方も多かったはず。

7話は加藤桜が殺されたことで怒る工藤の行動や翔太郎たちの推理が描かれると思われます。

新たな重要人物が登場?!ともあるので、新しい人物が現れるのかも。

第7話のネタバレ考察(予想)

公式YOUTUBEでは第7話の予告を公開しています。

「あかされる犯人像」
「犠牲者が残したメッセージ」
「新たな局面」
のテロップと
看護師山根と医師石原が接触して意味ありげに話しているシーン

7話では、加藤桜が殺されたことで、病院内に犯人がいると確信することで推論が広げられているのではないでしょうか。

そして「犠牲者が残したメッセージ」は

6話でなくなった三上のおばあちゃんか加藤桜のことかと思われます。(その前に殺された山ノ内かも?)

3人は「知りすぎたから」「何かを知ったから」殺された可能性のある人物です。

7話で話も終盤にさしかかることから、新たな局面というのも描かれていくでしょうか。

怪しかった人物が死んだり?

予告では加藤桜の他に誰かが死ぬような描写はなかったですね。

また、今までほとんど接触のなかった山根と石原が接触して、どんな会話をするのか気になります。

ふたりはずっと通じていて・・(でも今のところの話の流れだと)2人で犯人ということはなさそうなので、

互いに「誰かを監視していた」などの共通の目的を持った関係と予想します。

病院または、病院長の秘密や裏をあばくなど・・。

第7話のあらすじ/ネタバレあり(確定)

7話の冒頭は刑事の加藤桜が火葬場で骨壷になり、警察が取り囲んでいる・・

だいぶショッキングな展開から始まります。

加藤の骨には喉仏がなく、犯人が持ち去ったことがわかります。

工藤の聞き込みの中で、

加藤は3号棟で0時頃に看護師の野田に会い、

「潜入を内緒にしてくれ」「確かめたいことがある」と言っていたことがわかる。

そして、ありさは0時頃に廊下から男女の楽しそうな話声が聞こえたといいます。

男性が話し、女性がそれに笑うような声だったという。

また、工藤は病室のドアから加藤がわざと(ダイイングメッセージ的に?)つけた口紅のあとを発見しました。

石原が山根と過去に今も親密な関係であることがわかるが、

石原が「西垣は院長の元スパイで、院長は大きな秘密をにぎっている」と伝えます。

野田は三上のおばあちゃんをひき殺した運転手と屋上であっていました。

院長からの頼みでひき殺したことが明確になりましたが、

また、さらに何か頼みごとをしていました。

病室で、翔太朗は「犯人は犯行時刻から自分で時間が作れる人物で、安心できる人物(制服の警察・パイロット・医者など)、チャイコフスキー殺人と榎木田記念病院の殺人の犯人はハモるように共鳴し合っている」と推理。

一方、工藤は院長の妻と対面しました。(初登場)

院長との夫婦仲は良さそうではないが、夫のアリバイは一応証言したような感じでした。

夜中、ありさが翔太朗の病室へ忍び込み、患者の面々も交え話をすることに。

そこで、ありさは後藤田と津田には包帯の下に傷がないことを話す。

忍び込んだことを山根にバレて、病室に戻されることになります。

病室に戻る途中に、野田と廊下を歩いていると猿のぬいぐるみが・・・。

「気を引きたいだけ」と野田がぬいぐるみを蹴ると、

病室から女の子が出てきて、ぬいぐるみを拾っていた。

西垣は院長にスパイの報告をするが、その中で2人には何か秘密があることをほのめかしていた。

場面は変わり、野田が夜の病院の窓の外を見ながらイヤホンで何かを聞いていると、

後ろから何者かに押され、落とされ、体が鉄柱の串刺しになり、死亡する場面で7話目は終わります。

第7話ネタバレ考察

7話の冒頭は加藤刑事が骨になっていて・・前回の生きたまま燃やされたことに続き、

これはこれでショッキングな展開でしたね。

加藤は何を確かめたかったのか・・?

口紅をつけた病室はさるのぬいぐるみの女の子の部屋で、

加藤は女の子の秘密に何か気づき、確認しようとしていたのではないでしょうか?

女の子は何者?

考えられるのは登場人物の子供・孫である可能性。

この病院にいるから病院長の孫?西垣とも関係あるのかも。

(しかし、野田のあの態度からはその可能性は低い?)

年齢的にありえそうなのは、患者の後藤田、津田あたりの娘・・?

石原、山根や野田の娘である可能性は、状況から見てなさそう。

院長の秘密は何?

赤字から退院引き伸ばしやら薬の量やら・・というのは話の中で散々でてきているので、違うでしょう。

石原は感づき始め、元妻の西垣は知っている模様。

今回、初めて院長の現妻が出てきました。

この現妻の動きも目が離せません。何か知っていそう。

まとめ

赤いナースコールについてはこちらの記事も書いています
【赤いナースコール】11話のネタバレあらすじは?313号室の患者の共通点は?考察と感想もまとめ

【赤いナースコール】8話のネタバレあらすじは?野田はなぜ殺されたかの考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】6話のネタバレあらすじは?考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】黒幕(犯人)の正体は誰かと動機を予想!最終回まで考察とまとめ
【赤いナースコール】犯人(黒幕)の正体はアリサ?!なぜあやしいかの理由と伏線をまとめ考察

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる