MENU

【赤いナースコール】黒幕(犯人)の正体は誰かと動機を予想!最終回まで考察とまとめ

秋元康の原作・企画で話題の「赤いナースコール」

「あなたの番です」「真犯人フラグ」に続く考察ドラマとして話題ですね。

1話目から最終話までに起きた事件や伏線のまとめと

犯人(黒幕)の正体は誰?

殺人事件の動機は何?

予想・考察していきます

また、全話のあらすじと気になったポイントも書いています。

目次

1話のあらすじと伏線

脚本家の春野翔太朗(佐藤)は、恋人・三森アリサ(福本)とアリサの実家へ結婚の挨拶へ向かっている途中の事故に遭う。
翔太朗は、榎木田記念病院の大部屋で目を覚ますもアリスはいない。看護師・山根ミク(ベッキー)や医師・石原(板尾)に問いただすも、かたくなまでに会わせてくれようとしない。一方で、アリスは顔半面の怪我がひどいことから、今は翔太郎に会うことを医師やナースに止められていた。
翔太郎は警察に事故の事を聞かれるも、スマホが見つからないこと、ドラレコがOFFになっていたことを知る。
夜に翔太郎の病室313号室の患者、滝中良一がこのままではアリサに会えないと忠告。翔太郎の車椅子を押してアリサの病室へ連れて行ってくれるが、離れ離れになり、襲われる。
翔太郎は病室のベッドで目を覚ます。刑事が翔太郎のスマホを鳴らすと・・
翔太郎のベッドの下から、滝中良一が翔太郎のスマホを持った下半身のない遺体で発見される。

●翔太郎とアリスが事故にあったとき
 ・事故の直前に道にヤギが出てきた
 ・ドラレコがいつもONになっているのに、OFFになっていた

2話のあらすじと伏線

翔太朗のベッドの下から、滝中良一の遺体が発見される。下半身がなく手には翔太朗のスマホが…。工藤に一緒に病室を抜け出した翔太朗は疑われるが、滝中の誘いだったと主張。自分も何者かに殴られて気を失ったと訴える。工藤は、今回のサイコパスな犯行と近頃起きている連続殺人事件との関連を疑っている、そして滝中の下半身は病院の調理室で鍋で煮えた状態で見つかる。生きている状態で切断されており、厨房から血痕が見つかった。
アリサが昨夜に病室にいなかったのは、医療器具の都合で部屋を変わっていたからであった。

・滝中と翔太朗以外の313号室の患者には薬が盛られていて、2人が出て行ったことには気づかなかった。

3話のあらすじと伏線

下塚半太の遺体が首のない状態で山根が発見。これで6人部屋の患者は2日で2人も殺されたことに…。翔太朗の周囲で再び殺人が起きたことを知り、心配するアリサの顔には、今なお痛々しい包帯が。石原に傷が残る可能性も告げられ思わずうなだれますが、それでも気持ちの整理がついたら翔太朗に会いに行くと心に誓う。そして、認知症で徘徊している三上のおばあちゃんがアリサに接触してくる。
その矢先、例の連続殺人事件も新たな動きを見せ女性が指を切断された状態で遺体で発見される。
松井は家に帰ろうとするが刑事に止められ、とどまる。夜に購買部の江口と会ってから濡れた状態で帰ってくる。そして、江口が足首の切断された遺体で発見される。
アリサは顔の包帯を取り、驚愕する。

・松井と親しくしていた江口が殺害される。江口は遺体以外の描写はなく、どんな人物なのかはよくわからない。
・ナースコールの噂は、死期が近い人のナースコールは取らない、家族が病院に頼む、死後すぐの臓器を取るなどのもの。患者から聞かされる。

4話のあらすじと伏線

顔に傷などないことが分かり、アリサは言葉を失う。医師の石原は病院長の榎木田に指示されたと説明するが、真意は明かしてくれなかった。一方、翔太朗ら大部屋のメンバーは院内購買の販売員女性江口の殺人事件で再び聴取をうける。最も疑われている松井は勝手に退院してしまったため捜査員が自宅にむかうが、既に殺されていた。
アリサは三上のおばあちゃんは逃げるよう助言してくる。おばあちゃんの計らいで翔太郎に手紙を渡すことができた。そのおかげで、二人は深夜にこっそり会うことができたが、電動ノコギリを持ったフードの人物に追われ、襲われかける。

・病院長がアリサを退院させないのは、入院費を儲けるためが理由ではない。石原は真意を知っているようだが、教えてくれない。
・防犯カメラは加工されている。病院関係者が犯人か?
・山ノ内は仕事ということで特別に入館している
・山ノ内と翔太朗は事件についての話をして、翔太朗が犯人の推理を言おうとしたところで遮られる。

5話のあらすじと伏線

午前0時頃。病院を抜け出した翔太朗はアリサと再会を果たすが、電動ノコギリを持つ誰かに襲われる。突然館内放送からチャイコフスキーのアノ曲が流れたことで難を逃れる。そして、病室では抜け出した翔太朗の身代わりに寝ていた山ノ内が感電死。
西垣と石原は焼肉店で会い、西垣は病院長のスパイで元妻だと発覚。
アリサは翔太朗と病院を逃げることを相談していると、病院長が部屋を覗き込む。

・チャイコフスキーの曲はタイマーではない。CDで流されたものでCDは持ち帰られている。
→音楽を流した人物と電動ノコギリ男は別人
・アリサは電動ノコギリ男は病院長ではないか、と疑っている
・西垣は院長のスパイで元妻
・アリサは両親へ連絡しようとするが、繋がらないという

6話のあらすじと伏線

“三上のおばあちゃん”こと三上多恵は「私は事情を知りすぎている」と怯えながらアリサに病院から逃げることを促す。しかし、病院長の榎木田が現れると、狂気じみたふるまいを始め、認知症のふりをしら。
ある朝、看護師の野田から「顔に包帯を巻いているならいい」と許しを得たアリサが、翔太朗に会いに行く。二人が院内を歩いていると、再び三上のおばあちゃんが現れた。三上のおばあちゃんは、鬼の形相で何かを告げようとしたところで、突然バックしてきたトラックに轢かれてしまう。石原のオペをするも死亡。
終盤では、女性刑事の加藤桜が襲われ棺桶の中で燃やされる場面で終えた。

・三上を轢いたトラックは翔太郎たちが事故に遭ったトラックと同じ
(翔太郎は気づいたが、そのことは警察に告げなかった。
・運転手は元患者
・薬の量が増えている/入院患者を退院させないのは病院が経営難だから?
・加藤が襲われたのは、たまたま?アリスの病室から出てきたから?何か知ってしまった?
・石原が病院長を脅迫していた、ネタはなに?

7話のあらすじと伏線

加藤の骨には喉仏がなく、犯人が持ち去った。
工藤の聞き込みで、潜入捜査中に加藤は3号棟で0時頃に看護師の野田に会い、「潜入を内緒にしてくれ」「確かめたいことがある」と言っていたことがわかる。そして、ありさは0時頃に廊下から男女の楽しそうな話声が聞こえたという証言を得る。男性が話し、女性がそれに笑うような声だったという。また、工藤は病室のドアから加藤がわざと(ダイイングメッセージ的に?)つけた口紅のあとを発見した。
石原が山根と過去にも今も親密な関係であることがわかるが、石原が「西垣は院長の元スパイで、院長は大きな秘密をにぎっている」と伝える。
野田は三上のおばあちゃんをひき殺した運転手・宇多川と屋上で会い、院長からの頼みでひき殺したことが明確にった。そしてまた、さらに何か頼みごとをしていました。
夜中、ありさが翔太朗の病室へ忍び込み、患者の面々も交え話をしていたが、見つかり連れ戻される。
病室へ戻る途中に、猿のぬいぐるみを持った女の子を見かける。
野田が夜の病院の窓の外を見ながらイヤホンで何かを聞いていると、後ろから何者かに押され、落とされ、体が鉄柱の串刺しになり、死亡する場面で7話目は終わる。

・翔太朗は「犯人は犯行時刻から自分で時間が作れる人物で、安心できる人物(制服の警察・パイロット・医者など)、チャイコフスキー殺人と榎木田記念病院の殺人の犯人はハモるように共鳴し合っている」と推理。
・院長の妻が初登場・・院長に関する秘密を何か知っていそう?
・アリサは後藤田と津田に包帯の下に傷がないことを話した
・野田は運転手・宇多川と院長の橋渡しをしていた。
・西垣は院長にスパイの報告をするが、その中で2人には何か秘密があることをほのめかしていた。

8話のあらすじと伏線

看護師の野田が殺されても、「病院に落ち度はない」と病院長は涼しい顔。野田はチャイコフスキーを聞かされ、歯を抜かれていた。(犯人に持ち去られた)翔太朗と工藤は共同戦線を張ることにします。アリサは野田が殺されたことに動揺するが、石原は動揺もない。(ちなみに、野田は結婚しており、石原とは不倫の関係だった。)警察内では工藤が「犯人は動けない。病院内にいるしかないんじゃないか」と推理。病院の防犯カメラは編集されている、病院の理事会が管理している。防犯カメラには何か確証的なものが写っている。石原と院長が釣り掘りでお互いを探り合う。その中で病院長は犯人の目星がついており、泳がせているという。そして、アリサは退院させないように石原に伝え、石原は受け入れる。工藤は院長の妻(理事長)に防犯カメラに見せてくれと頼むが、院長が持って行ってしまったという。院長は野田が殺害された時の防犯カメラを既に回収していた。患者の津田がトイレで、院長の広報担当と通じていたことがわかる。会計不正などを調べていたが、殺人・防犯カメラの証拠を持ち出すよう脅していたところで西垣が割ってはいる。工藤は宇田川に呼び出され、最後に野田に頼まれた、と言って、工藤を刺すところで終わる。

・今までは患者が死んでいた(購買江口以外)が、初めて看護師が殺された
・防犯カメラには『思いがけないアクシデント』が写っている可能性あり→病院長が管理し消している
・病院長は犯人がわかっていて泳がせている(かばっている)
・院長は石原にアリサを退院させないようにと指示
・患者津田は広報とつながっており、不正・殺人を暴こうとしていた。
・アリサの実家は電話しても誰も出ない、父の大学にも留守電しているが反応なしという

9話のあらすじと伏線

工藤は生きており、手術中。休館の病棟を刑事が調査していると、ホルマリン漬けの運転手宇多川が見つかる。
そこには遺書もあった。院長と西垣の会話の中に、「あることを忘れないために21歳のまま」「あれから45年。人生最後の余興だ」と意味深な会話をする。一方、山根と患者の津田は実は繋がっていた。
翔太郎や患者は、事故は仕組まれており、313号の患者には何共通点があり、入院されていると推理。翔太郎は何があってもありさを守る、と言い切る。
アリサの病室に後藤田が現れる。翔太郎と院長が以前からの知り合いのように親しくしていて、怪しい、とアリサに告げる。もし自分が殺されたら、逃げなさいとも助言。病院の広報遠山は何者かに襲われ、殺される…というところで9話は終わり。

・アリサが三上のおばあちゃんが殺されたときのトラックと自分の事故したトラックが同一だと思い出す
・山根と津田が繋がっていた→防犯カメラの映像を、遠山に持ち出すよう指示
・後藤田がアリサに「翔太朗は以前から病院長と知り合い」で怪しいと告げる

10話のあらすじと伏線

後藤田に入れ知恵されて、翔太郎に疑いの目を向けるアリサ。10話は翔太郎が怪しいような目線で始まりました。工藤が加わり、考察は進み翔太郎は山之内は、翔太郎の代わりに殺されたと考えていたがそれは違うと断言。山之内も理由があって殺されたと推理。山根は石原が犯人だと思っている様子。津田と組んでいたのは、病院の不正を暴き、金を手に入れるために組んでいた。津田の検査結果を改竄し、薬を抜いてあげてたのも山根。西垣は過去に、患者に頼まれナースコールを無視した。それが313のナースコールの噂であった。翔太郎は病院長に過去に描いたドラマの脚本を褒められた。それで親しく話していたとありさに話す。後藤田はアリサに気があるのか?翔太郎と引き離そうと、アリサに色々と質問して詰め寄る…と、電動ノコギリで真っ二つに切られてしまうところで終わる。

・西垣は、過去に病院長にかばってもらって、借りを返すためにスパイしていたようですね。
・翔太郎が書いたドラマのエピソードで、コンビニでタバコ注意をした若者が殺されてしまう話…。この話は焼肉家の下塚の時も出ていた。この事件に意味がありそう。

11話のあらすじと伏線

後藤田が殺され、アリサは後藤田が翔太郎を疑っていたことを患者たちに告げる。翔太郎は病院長が怪しいことと、過去に手がけたドラマの脚本の殺され方と似ていることを話す。病院長は妻と離婚することになるという。2人の子供(妻にとっては結婚相手の連れ子)の名前は せいいち。津田と山根は犯人がわかっているよう。そして石原は津田に何かこっそり話していた。警察の調べで、津田はコンビニ事件をおもしろおかしく記事にしていた事が判明。病院を逃げ出そうとしてエレベーターにのったとのろで電鋸を持った犯人がやってくる。加藤が残した壁の口紅から、石原の唾液が検出された。チャイコフスキー犯は石原!!それを病院長もわかっていた。アリサと工藤はエレベーター内で胴体が真っ二つに切られた津田を発見。山根は石原に殺してほしいと懇願するも断られ、自ら命を絶った。工藤とアリサは警察と共に石原を逮捕する。一方で、翔太郎には黒い影が迫る.

・チャイコフスキー犯は石原(石原は真犯人を知っている)
・病院長の息子せいいちは理事長が連れ子として育てた
・病院内殺人はコンビニ事件と関わりある
・病院長はコンビニ事件を実話とした翔太朗のドラマの話をしてきたが、院長は普段はドラマは見ない

登場人物の最新情報

☆現在放送済みの11話までの登場人物について気になる点を書き出しました。

春野翔太郎 
事故の時に遭遇したトラックが三上のおばあちゃんを轢いたものと同じことを警察に言わなかった。
病院長とは以前から知り合い疑惑あったが、翔太朗の脚本のドラマの話をしていた。

三森ありさ
親とは連絡が取れない。(病院の策略?)
ありさ自身は知らないようだが、病院長、三上のおばあちゃんとはなにか関係がある?

【赤いナースコール】犯人(黒幕)の正体はアリサ?!なぜあやしいかの理由

313号室患者 津田八郎 
腎機能不全で6ヶ月入院中。物騒な病院にもかかわらず、保険が出る限りは榎木田病院にいてもいいか、というスタンスらしい。
→病院の広報を脅して、病院の不正や殺人事件を暴こうとしていた(金のため)。11話で殺害される。

313号室患者 後藤田建斗
肝硬変で4ヶ月入院中。離婚歴のあるカーテンレールのセールスマン。1話目で算数のドリルをしていたのが気になる。会社の契約の病院だから榎田記念病院にいる。
翔太朗は怪しいとアリサに告げる→アリサの気を引くためだった?10話で殺される

病院長 榎木田誠
怪しい人物で病院経営ではあくどいことをたくさんしている。三上のおばあちゃんの実の息子。
電動ノコギリ男に疑惑あり。アリサを引き止めたがっている理由は?
院長室の写真に、男の子と写っているものがある。息子?
アリサ?と妻、男性(アリサ?の父??)と映る写真を持っている)
犯人をわかっている様子

医師 石原→チャイコフスキー犯
独身。病院長の秘密も多く知る人物。看護師と親密になり、操っている?情報を得ている?

新人ナース 西垣小百合
自称21歳。病院長とは元夫婦。ということは三上のおばあちゃん、アリサとも関係あり?
院長と秘密を共有していて、そのためにスパイをしている。ナースコールの噂は西垣の過去で、病院長がもみ消した。

ナース 山根ミク→自殺
313号の6人部屋の患者との関わりがもっとも多い。薬を多く盛ってる?(薬を入れる描写多い)
院内のことをよく知っており、何か裏がありそう。津田とつながっている。

ナース 野田→7話で死亡
石原と親密な関係。石原の言うことならなんでも聞きそう。
院長とも運転手の橋渡しをしていた。

刑事  工藤文世→8話の終盤で刺される
313の患者となる。チャイコフスキー犯の石原を逮捕。

殺害された人物一覧

☆現在放送済みの11話まで

1人目
滝中良一が下半身のない状態で発見。上半身は鍋で煮られていた。

2人目 
下塚半太が首のない状態で発見される。首はゴミ捨て場に。

3人目
購買部のエグチさん。左足のない状態で発見。

4人目
松井時雄。自宅で片腕のない状態で物干し竿に吊るされていた。腕は洗濯機。

5人目
山ノ内優真。ベッドの上で感電死。

6人目
三上多恵。トラックに轢かれる。

7人目
加藤桜。棺桶に入れられ、燃やされる

8人目
野田千鶴子。3階から落とされ、鉄柵に突き刺さる。

9人目
運転手の宇田川。遺書とともにホルマリン漬けで発見。

10人目
元病院広報の遠山。真空パック。

11人目
患者の後藤田。電動ノコギリで真っ二つ

12人目
患者の津田。上半身と下半身を真っ二つ

※山根→自殺

回収されていない伏線

院長の秘密は何?

病院長が西垣にスパイを頼みました。

西垣は病院長に「患者の家族に頼まれ、ナースコールを無視した。それを病院長は隠滅してくれた」ことの借りを

返すためにスパイをしているようです。

病院長の秘密は「コンビニ事件」との関わりと「息子の誠一」でしょうか。

どちらも病院長と事件に深い関係があるようですが、どのように関わっているかはまだ謎。

最終回(12話)で判明するでしょう。

3病棟の女の子は誰?

ほとんど登場しないですが、何か秘密がありそうです。

11話には全く出てこなかったので、特に何もなくこのままスルーかも?

過去の事件との関係は?

翔太朗脚本のドラマの元にもなった「コンビニでタバコを注意した若者が刺された事件」

これが事件の元であることは判明しています。

この事件が犯人と同絡み、今までの被害者とどう関係しているのか?です。

翔太朗、山之内はこの事件を元にドラマを制作した、津田は面白おかしく記事にしたことが判明していますね。

☆伏線については、最終回放送後に回収されたか追記します。

犯人/黒幕を予想!

11話時点での予想です。

遺体を切断する、運ぶなどしている面から実行した犯人は男性であると考えるのが現実的かと思います。

しかし、共犯関係の人物もいると思います。その人物は女性の可能性もあると思います。

●アリサが犯人・黒幕説は根強いですね。
【赤いナースコール】犯人(黒幕)の正体はアリサ?!なぜあやしいかの理由

今までの病院内の事件をひとりで全てこなすことは不可能に近いでしょう。

そして、主の犯人は医師や刑事ではないと考えています。

なぜなら、5話で工藤・加藤・石原が「犯人が医師や刑事じゃつまらない」と笑い合っていました。

このセリフを言わせておいて・・犯人が医師の石原でしたー!とはならない気がします。笑。きっと。

☆チャイコフスキー犯は石原でした。

当初、後藤田を犯人と予想していましたが、殺されちゃいましたね・・。

https://twitter.com/kanconsa/status/1559394220150259712

11話では、病院長が犯人のような話の流れでした。

石原と病院長っていままで密談したり、とっても怪しい雰囲気でした。

その二人が犯人でしたーで終わるのはちょっと・・単純すぎる気がします。

病院長は犯人を知っているが、真犯人(黒幕)ではないと予想します。

スケジュールからすると殺人の手伝いもしているのではないか!と思います。

今までにだいぶ人が亡くなっているこのドラマ・・生きている主要キャストは以下。

●石原(チャイコフスキー犯で警察に捕まった)
●翔太朗
●アリサ
●工藤
●病院長
●理事長:病院長の現奥さん(離婚した?)
●西垣

だいぶ限られていますよね。

病院内殺人の動機と考えられる「コンビニ事件」

翔太朗はコンビニ事件を元にした脚本を書いていました。

病院長と西垣の息子はその事件の被害者なのではないか・・?(理事長は連れ子として育てている)

工藤刑事は今のところ、コンビニ事件とは関わりが見えていないが、過去に事件として扱っている?

・・となると、アリサは??というのが疑問になります。

単に、翔太朗を引き止めておくための駒とは考えにくいです。

アリサには、病院長が気にかけていることと病院長の部屋にアリサ本人?もしくはそっくりの写真がありました。

こうなると、病院内殺人の犯人はアリサなのかな・・と思えてきます。

動機はコンビニ事件被害者で病院長達の息子の元恋人や義理の妹などの関係があり、復讐のため。

それを手伝う病院長や西垣。というのが真相!と予想しました!

アリサはドラレコの件でも翔太朗と食い違う証言をしているんですよね・・

2人が事故に遭った翔太朗の車はドラレコが切れていたーー
翔太朗は切っていないと証言したけれど、
アリサはしょうちゃんが切ったと言っている

この食い違いはポイントのような気がするんですよね。

ありさが故意に事故を起こした可能性を感じます(自分は無傷ですしね)

動機は?

2年前に起きた「コンビニ事件」ということがわかっています。

まとめ

最終話放送後にまとめます!

赤いナースコールについてはこちらの記事も書いています
【赤いナースコール】最終回(12話)のネタバレあらすじ!真犯人は病院長かの考察と感想もまとめ

【赤いナースコール】11話のネタバレあらすじは?313号室の患者の共通点は?考察と感想もまとめ

【赤いナースコール】10話のネタバレあらすじは?犯人(黒幕)は主人公の翔太朗?考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】8話のネタバレあらすじは?野田はなぜ殺されたかの考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】6話のネタバレあらすじは?考察と感想もまとめ
【赤いナースコール】7話のネタバレあらすじは?加藤桜死亡の理由は何かの考察と感想もまとめ

【赤いナースコール】犯人(黒幕)の正体はアリサ?!なぜあやしいかの理由と伏線をまとめ考察

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる