MENU

【PICU小児集中治療室】第8話のネタバレあらすじ!圭吾くんは助かる?

フジテレビの月9ドラマ「PICU小児集中治療室」

https://twitter.com/PICU_cx/status/1597020010551332864
目次

第8話のネタバレあらすじ

・2人の男児が倒れていると連絡がはいります。武四郎たちが公園に到着すると、2人の少年のうち、大輝くんには意識があったが、光くんは心停止の状態で10分経過しており、危険な状況です。

・圭吾くんが誤嚥で急変し緊張が走ります。武四郎は検査できる項目すべてを実施しましたが、圭吾くんの感染症の原因を特定することはできませんでした。医師らは終末期であることを保護者に話す必要があると判断します。

・PICUで目覚めない光くんを前に自分を責め続けて泣いている大輝くんを圭吾くんが励まします。「友達を応援してあげて。パワーを送ってあげるんだよ。僕もあのパワーのおかげで、いつもこっちに戻してもらってるんだ」大輝くんは圭吾くんに言われたとおりにパワーを送ります。

・武四郎は圭吾くんの両親に心臓移植はできないこと、終末期について伝えます。すると、地元の函館に戻り、好きなものに囲まれた家で過ごさせたいといいます。

・圭吾くんは、武四郎に死ぬから地元に戻るのか?と聞きます。武四郎は、地元でできる感染症の治療だから戻るんだ、と嘘をつたえました。死ぬのが怖かった、と圭吾くんは安心して泣きます。その後、武四郎は廊下で涙します。植野は「正しかった。圭吾くんのお母さんがどうして決心ができたのか、それはやれることをすべてやったからです。あきらめがつけば看取る覚悟ができる、最期を一番良い方法で迎えられるように考えられるんだ」と伝えます。

・武四郎は母・南に「諦められる時間をください」と土下座して頼みます。そして東京の病院に1度で行ってほしいとお願いすると、南は了承してくれます。

感想

母親の南がガンであることが判明してショックを受けているのに

ずっと診てきた圭吾くんの心臓移植ができないことがわかり・・・

心労は計り知れないです。

圭吾くんに進行移植に前向きになってもらうために、修学旅行をしたりもしていたのに・・

優里ちゃんも圭吾くんが元気になって帰ってくることをまっているのに・・。

次の話も見逃せません。

まとめ

PICU小児集中治療室についてはこちらでも記事にしています
PICU小児集中治療室のあらすじとキャストまとめ!原作(脚本)とロケ地も調査
PICU小児集中治療室の第一話~最終回までの全話のネタバレあらすじ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる